サントリー

サントリーのウォーターサーバー事業である。
1993年から開始されており業界では最古参の一つ。2008年には卓上型のサーバーをリリース。
2012年に東芝製の高性能家庭用サーバーを発表。この時期から全国展開のPRを始める。

ブランドネームのわりに伸び悩んでいる。
定期的に話題になるが(※震災後に本腰を入れると言って新聞各紙にとありあげられた)、その後、大した伸びを示さないことで有名。
ウェブでの獲得をメインとしており、一定の影響力がある。
おそらくコスモウォーター、フレシャスの次点あたりの存在感がある。比較サイトへのアプローチも積極的であり主要比較サイトには掲載されている。

他社に比べアフィリエイト広告をクローズド化しており、だれでも取り扱える状態にはない。
社内に広告審査チームがあり、その審査をパスしたアフィリエイターのみ取り扱い可能。くまおさんにも声をかけてもらったが、くまおさんのサイトを再度よく見てくださいと返答したところNGがでた。(※くまおさんのサイトではサントリーを散々こき下ろしている為)

資金投下自体は積極的だが、コンプライアンスが厳しすぎるため一気に普及させることは難しい。数年間この事情が変わっていない為、今後も変わらないだろう。
また、サーバーがオーバースペックであり製造原価が高すぎるので資金回収までに時間がかかる。高性能ゆえに故障箇所も多く他社のロースペックサーバーに比べるとコストパフォーマンスが悪い。売れ行き不振とサーバー開発コストが大きすぎるという課題がある為しばらく新型サーバーは発表できな可能性が高い。

一時期、瀬戸朝香さんを起用したテレビCMを放映していたが、話題にならず特に業界にインパクトはなかった。ペットボトルタイプの天然水やそれに付随して洗練された顧客層へのアピールを目的としたCMはどの層にも刺さらなかった。
その後も顧客ペルソナ想定を間違った作戦を連発し不発に終わる。

過去にはアクアクララとの業務提携や、無料お試しキャンペーンなども実施したが爆発力にかけ、いずれもフェードアウトした。
企画が全体的に他社の過去企画焼き直し感があり、新しいチャレンジがない。

元々、巨大メーカーであり直接エンドユーザーを獲得するノウハウがない模様。
自社関連の自販機ベンダー等を活用し代理店展開を行えば事情が変わる可能性はあるが、それらにも消極的である。自販機ベンダーはクリクラやアクアクララに参加しているケースも多い。

ネームバリューが他社に比べて群を抜いて高いので、今後も一定数の顧客増加は見込めるものの爆発的に増える要素はないといえる。目覚ましい顧客増加は起こらない。